KGS特注食材開発センターは農産物の試作品を開発、スピードと品質でお客様の製品開発をサポートいたします。

KGS特注食材開発センター

きな粉について

きな粉は炒った大豆をそのまま粉にしたものですから、大豆に含まれている栄養素はすべて含まれています。
大豆は炒ってそのまま食べることも出来ますが、生の大豆を水やぬるま湯に浸漬してから味付けをして煮た煮豆として食べるのが一般的です。
大豆は生のまま食べるには固すぎる食材で、表皮の食感も良くありません。
和食では、煮豆はもとより、豆腐や油揚げ、あるいは高野豆腐といった加工食品によって美味しく食べる様々な工夫がされてきました。
煮豆を納豆菌で発酵させる納豆というのも大豆の代表的な食べ方ですし、煮豆を原料にして味噌や醤油といった調味料を造る技術も発達してきました。
以上のように、昔から大豆は日本人の生活に密着した栄養価の高い食材として利用されてきました。
一方、炒った大豆を粉末にして使用するきな粉は、水分が含まれていないことから大豆を効果的に利用する方法です。

【きな粉の用途は?】

茹でた大豆は60%程度の水分を含んでいますし、豆腐に至っては、水分含量は80%を超えています。
その点、きな粉の水分含量は5%程度で、大豆を効率的に大量に摂取する方法の一つです。
きな粉を食べる機会は少ないかもしれませんが、餅に絡めた安倍川もちや振りかけて使う葛きりやおはぎ、水飴と混合して造るきなこねじりなどの和菓子に利用するケースもあります。
最近では、大豆の栄養価を生活に取り入れるために、牛乳に入れて摂取したり、豆乳に添加するダブル大豆とでも呼ぶべき利用方法もあるようです
また、ヨーグルトのトッピングとして使用することで、大豆の栄養素を補強するような食べ方も推進されています。

【きな粉のおすすめ栄養素は?】

きな粉のメリットは粉末にすることで表面積が大きくなり消化吸収性が向上し、大豆に含まれている栄養素を効率的に体に取り入れることが出来るという点にあります。

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど良質の植物性タンパク質が豊富に含まれており、代謝に必要なミネラルも多種類かつ大量に含まれている食品です。
スポーツ選手が摂取するプロテインとしてきな粉を使うことも可能で、筋力増強を目的としてスポーツジムなどに通っておられる人にはお奨めです。

また、食物繊維も豊富ですので、便秘に悩んでおられる女性にも有効な食品です。

大豆特有の有効成分としては、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の機能のあるイソフラボンは更年期障害の改善に効果的です。
また、イソフラボンは骨粗しょう症対策に有効であるというデータがあり、「骨の健康維持に役立つ」という表示が認められた特定保健用食品もあるくらいです。

さらに、大豆サポニンの持つ強い抗酸化活性は活性酸素による脂質の過酸化を抑制し動脈硬化のリスクを低減させる効果も期待されますし、大豆レシチンは脳細胞の情報伝達に利用される物質としても利用されます。

▲ PAGE TOP