KGS特注食材開発センターは農産物の試作品を開発、スピードと品質でお客様の製品開発をサポートいたします。

KGS特注食材開発センター

試作から本生産までの流れ

ラボではできないダイナミックな試作開発が特徴!
大型生産ラインによる試作から大ロット生産までおまかせください。

プレサンプルのご提供

お客様のご要望( OEMの形態、包装、数量等)をふまえ、弊社の実績をもとに、消費者の観点からの考察や最新の食品市場ニーズ、素材情報、弊社の開発技術等を考慮して、商品をご提案。

お客様立会いの上、本生産ラインでの試作

弊社での試作製造は本生産のラインを使用。本生産と同じ条件で行うため、本製造時の商品イメージや課題が明確に。
素材に最適の温度やマシン設定等の組み合わせを考慮し、お客様立ち会いの上、試作を実施

お客様立会いの上、本生産ラインでの試作

評価(官能検査)

お客様のご要望にあった商品かどうか、官能試験などを行い、味、香り、色、食感など様々な要素の完成度を確認。
また、厳格な品質管理体制で安全性を評価。

本生産前製造

本生産の前に1t程度の製造テストを実施。
複数の加工ラインを活用し、お客様の開発商品合わせた設備装置・工程のカスタマイズができるため、個々のお客様のオリジナルな商品加工が可能。

本生産前製造

製品評価

FSSC22000認証取得(奈良工場)、JAS有機認定(奈良工場、石川工場)、ISO9001認定(中国アモイ工場)等、安心して製造委託いただける体制を整備。

本生産

出来上がった製品については品質管理部門でチェック、さらに工場の責任者が出荷判定したものを確認。ダブルチェック体制でお客様にお届け。

本生産本生産

▲ PAGE TOP